レビトラの口コミ情報

現代社会EDに困られている男性が近年に増えております。それをきっかけにドイツのバイエル社によってレビトラは開発され、2001年12月に厚労省に承認申請を行い、2004年4月に製造販売が許可されました薬です。2004年から5mgと10mgのレビトラが発売され、20mgのレビトラは2007年発売されました。バイアグラに次いで世界に登場したのED治療薬として、世界中男性に愛用されています。その効果は一体どうだった、これから一緒にレビトラの口コミ情報を見てみましょう。

男性50歳を過ぎたあたりから、勃起力が弱くなり持続力もなく、妻とのセックスも殆どなくなりました。色々試した結果安いジェネリックより新薬のレビトラの方が断然効きが良かった!!価格の価値は充分にあると思うし、あまり効果のない安物をあれこれ試す出費を考えたらトントンな気がする。

レビトラは今まで数十回使用してます。私の場合 バイアグラよりレビトラの方が合っているようなので。金額的に毎回は使えませんが かなりビンビンになりますし射精後も同じ状態(勃起)が続きます。

初めてレビトラを使ってみました。硬さや勃起持続時間は想像以上に凄かったです。体への負担や副作用が心配で、服用をためらっていた期間が長かったのですが、実際に使ってみると、少し顔がほてるのを感じたくらいで大したことはありませんでした。これからは、ED治療薬を上手に利用していきます。今後のナイトライフが楽しみです。

レビトラに採用した成分

現代社会EDに困られている男性が近年に増えております。それをきっかけにドイツのバイエル社によってレビトラは開発され、2003年にバイアグラに次いで世界に登場しました男性の性機能障害のED治療薬です。ED治療薬レビトラとバイアグラと比べて、即効性があり、副作用も少ない、食事の影響も受けにくいなどの特徴があります。

レビトラの成分は塩酸バルデナフィルという成分です。その効果は陰茎海綿体で勃起に関与するPDE-5という酵素の働きを抑え、陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して、男性器の中にある血管を拡張させる物質を増やす作用があって、ペニスに大量の血液が流れ込み、男性器の勃起を促進する効果があります。男性機能の勃起不全や、勃起を持続できないか方の治療に効果強いです。

塩酸バルデナフィルという成分は水にやや溶けやすい性質を持っています。そのため、5分後に血中の濃度が最高に達します。効果を感じることも早いです。空腹時にレビトラを服用すれば最低5時間~6時間の効果が見られます。

レビトラの通常量は10㎎の製剤です。20㎎錠は10㎎錠で弱かった方や糖尿病など動脈硬化が強い器質性EDなどのED症状の強い方が服用します。レビトラ20㎎錠は65歳以上の方には適応がありません。許容量を超えた薬は、身体にとって害にしかありません。レビトラの効果をしっかり把握して、安全な範囲での服用を心がけてください。簡単に手に入るからといって注意しなければいけないことを知らずに、安易に服用してしまったせいでトラブルが起きても、その責任はすべて自分のものなのです。